対人恐怖症の克服に、心理カウンセラーの新田義治が真剣に向き合います!
<< もし、人前であがることなく堂々と振る舞えるようになったら… | main | 私から貴方への手紙 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


対人恐怖症チェック あなたはいくつあてはまる?

私はこれまでに、約1万人のクライアントさんの心の悩み、 心の問題を解決するお手伝いをしてきました。 同時に心に悩みを抱える人と向き合って話をしてきました。

今、あなたは恐怖症のために大変辛くて苦しい思いをしているかもしれません。

「もしかしたらこの悪い状況がずっと続くのではないか?」

「いつまでこんなつらい思いを・・・自分だけが」

と不安やいらだちが募っているかもしれません。

あるいは、

「自分の恐怖症はきっと一生治らないものなんだ」

・・・と、なかば諦めかけているかもしれません。

でも、大丈夫です!心配なさらないでください。 実は、恐怖症を治すことはとても簡単なことなのです!

簡単に言うんじゃないよ、というあなたの顔が見えますが、 もう少しだけお付き合いください。

まずは対人恐怖症の簡単なチェックをしてみましょう。

対人恐怖症チェック
cf:http://www.fuanclinic.com/byouki/orange2.htm

人によって不安や恐怖の対象はさまざま。下の項目に当てはまるものがないか、チェックしてみましょう。 当てはまる項目が1つでも悩みが大きかったり、複数の項目に当てはまるなら、対人不安にならないための5つのポイントの対策を試して見ましょう。

スピーチ恐怖
対人不安のなかで、訴える人がもっとも多いタイプ。会議や披露宴などでスピーチをする際、頭が真っ白で声が出なかったり、不安で声が震えたりして強いプレッシャーを感じます。人前に立つ機会が増えた人にあらわれやすく、他の状況ではほとんど不安を感じない人が多いのも特徴です。

赤面恐怖
人前に立つと顔が赤くなったり、異性の前に出ると赤面することが恥ずかしいために、人に注目される場面を過剰に意識したり、人が集まる場所を避けるタイプ特定の場面で顔が赤くなっているのを指摘され、以来人前が苦手になる場合もあります。

対人緊張
学校や会社で、自分以外の人は皆仲がよさそうに見え、孤立したように感じる。他人とのつきあい方やコミュニケーションの方法がわからない。他人の存在を過剰に意識し、緊張感や苦痛を感じる、対人恐怖の典型的なタイプです。

視線恐怖
人が自分に注目して、うわさをしている気がする、自分の行動を観察されているようで落ち着かない、といった他人の視線が怖いタイプと、自分の視線が相手にいやな感じを与えてしまうことを恐れるタイプの両方があります。前者が重症になり妄想的になると、別の病気(統合失調症など)の可能性も。

会食恐怖
食べているところを他人に見られると、緊張して食べられない。自分の立てる音が気になって、のどが詰まる。それでおいしそうに食べられないと、同席者に申し訳ないと悩むなど、人前で食事をすることを極端に恐れるタイプです。

電話恐怖
ほかの人に聞かれていると思うと、オフィスで電話をとれない。電話が鳴ると胸が高鳴り、おかしな人と思われるのではないかと思い、電話をとっても言葉が出ない。この電話恐怖は、会社勧務の若い女性に多いタイプです。また、電話の相手を気にするタイプもあります。

発汗恐怖
人から話しかけられると、緊張してぐっしょりと汗をかく。仕事で接客をしていると、額からポタポタと流れるほど汗をかき、タオルが手放せないなど、人と接する恐怖や緊張のあまり、大量の発汗をするタイプです。

振戦恐怖
職場で来客にお茶を出そうとすると、手が震えてしまう。上司にチェックされているとパソコンを打ち込む手が震えて、ますます緊張する。このように人と接する場面で、手や足など体が震えてしまい、そうした場面が怖くなるタイプです。

自己臭恐怖
汗のにおいやロ臭など、自分の体のにおいが人にいやな思いをさせているのではないか、と気になり、人との接触を避けるようになるタイブも重症になって「人が自分を避ける」といった思い込みが確信的になると、「妄想性障害」という別の病気の可能性もあります。

腹鳴恐怖
会議中や講演会などで、おなかが鳴るのではと心配でたまらないタイプ。そのため人が集まる場所を避けたり、食事時間でなくてもおなかに充分食べ物を入れてから出かけないと安心できなかったりします。

いかがでしたでしょうか? 対人に関わる恐怖症と言っても様々なタイプがあることが おわかりいただけたかと思います。

そして同時に、いかに独力で克服することが困難な心の病で あるかということもお分かりいただけたかと思います。

私のプログラムでは、それら全ての状態において あなたが克服するまでの道案内をしているのです。

ではどのように道案内をしているかをお教えいたします。


スポンサーサイト


links
sponsored links
links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM